検索結果

41件のアイテムが見つかりました

ブログ記事(21)

  • 2022年度 環境省 省エネ補助金「工場・事業場における先導的な脱炭素化取組推進事業」(SHIFT 事業)

    SHIFT事業のR4年度公募期間 ・診断事業:4月13日~6月20日 ・設備補助事業1次:4月13日~5月20日 ・設備補助事業2次:8月予定 工場・事業場の設備更新、電化・燃料転換、運用改善による脱炭素化に向けた取組を支援する「工場・事業場における先導的な脱炭素化取組推進事業(SHIFT 事業:Support for High-efficiency Installations for Facilities with Targets)」となります。 ■1■脱炭素化促進計画の策定支援 「削減計画」策定の支援制度で診断機関は、CO2削減診断の診断結果報告会の後、事業者が実施したいと判断した対策に対して、事業者と協議の上実施時期等を決定し、今後の5年度間程度を見据えた「削減計画」を策定します。「削減計画」には、主に次のような内容が含まれる予定です。 今後5年度間程度における各対策の開始時期 事業者が対策を実施できるようにするための事業者の実情に合った具体的な実施方法 削減計画全体の実施体制、及び対策ごとの実施責任者、実施担当者 対策が設備導入の場合、設備仕様と見積書 設備更新事業に応募する場合は優先採択枠の対象となる(3年間有効)。 〈申請要件〉 CO2排出量50t以上3000t未満の工場・事業場を保有する中小企業等 〈対象事業者〉 ・中小企業等(大企業は対象外) ・独立行政法人、地方独立行政法人、学校法人、社会福祉法人、医療法人、 協同組合等、公益社団法人、公益財団法人 〈補助対象経費〉 CO2削減診断及び削減計画策定 〈補助率〉 1/2以内 〈補助限度額〉 【上限額】100万円 〈公募期間〉 令和 4 年 4 月 13 日(水)~同年 6 月 30 日(木)(予定) ※令和4年度の設備更新補助事業(2次公募)への応募をする場合は本事業の受診が必要です。 ■2■設備更新に対する補助 新しい制度では、「削減計画」がそのまま設備導入補助金の申請書式として使用され、設備導入補助金の審査が行われる予定です。事業者が中小企業等で設備導入補助金に応募したい場合、削減計画を策定するには2つの方法があります。 上記(■1■)の脱炭素化促進計画の診断機関に診断と削減計画の策定を依頼する。事業者には、診断機関に支払った金額の約1/2が補助される。 ※この場合、優先採択枠の対象となります。 計画策定支援の制度を利用せずに、削減計画を策定する。(事業者自ら策定する、もしくは支援制度(1.)を利用せずに、第三者に削減計画を策定してもらう。) ※大企業が設備導入補助金に申請したい場合、支援制度(1.)を利用することができないため、(2.)により削減計画を策定することとなります。この際に、支援機関の支援を受けて計画策定した事業者は、選考時に評価されます。 〈公募期間〉 1次公募:令和 4 年 4 月 13 日(水)~同年 5 月 20 日(金) 2次公募:8月予定 ●設備補助A 〈申請要件〉 「脱炭素化促進計画」に基づく工場・事業場 工場・事業場単位で15%削減または主要なシステム系統で30%削減 〈補助対象経費〉 設計費、設備費、工事費 〈補助率〉 1/3以内(大企業も対象) 〈補助限度額〉 【上限額】1億円 ●設備補助B 〈申請要件〉 「脱炭素化促進計画」に基づく工場・事業場で且つ下記ⅰ)~ⅲ)を満たす。 ⅰ)ガス化または電化等の燃料転換 ⅱ)CO2排出量を4,000t-CO2/年以上削減 ⅲ)システム系統でCO2排出量を30%削減 〈補助対象経費〉 設計費、設備費、工事費 〈補助率〉 1/3以内(大企業も対象) 〈補助限度額〉 【上限額】5億円 (注意)設備導入補助金の交付を受けて目標年度に目標削減量を達成できなかった場合、達成できなかった分の排出量を他者から調達する必要があります。 これまでCO2削減ポテンシャル診断事業者、R3年度SHIFT事業診断事業者として数多くの省エネ診断を行ってきたスリーベネフィッツは、令和4年度も診断機関として省エネサポートを実施していきます。 お問合せはコチラ

  • 先進的省エネルギー投資促進支援事業費補助金 令和4年度

    ●公募期間:2022年5月下旬~2022年6月下旬(推定) ●交付決定:2022年8月下旬(推定) ●事業期間:交付決定日~2023年1月31日(推定) 以下の4つの区分に対し単独又は複数組み合わせて申請が可能です。 (A)先進事業: 先進的な省エネ技術等に係る技術評価委員会で検討された要件を満たし、登録された「先端設備」を導入する事業。 〈補助率〉 中小企業等:設備費に対する定額 大企業:3/4以内 〈補助限度額〉 未定 (B)オーダーメイド型事業: 個別設計が必要な設備などを対象に支援。 〈補助率〉 中小企業等:設備費に対する定額 大企業:3/4以内 〈補助限度額〉 未定 (C)指定設備導入事業 ユーティリティ設備・生産設備が対象。 SIIが予め定めたエネルギー消費効率等の基準を満たし、SIIが補助対象設備として登録及び公表した指定設備を導入する事業。 〈申請要件〉 ●ユーティリティ設備 高効率空調 産業ヒートポンプ 業務用給湯器 高性能ボイラ 高効率コージェネレーション 低炭素工業炉 変圧器 冷凍冷蔵設備 産業用モータ 調光制御設備 ●生産設備 工作機械 プレスチック加工機械 プレス機械 印刷機械 ダイカストマシン 〈補助対象経費〉 設備費のみ 〈補助率〉 設備種別・性能(能力等)毎に設定する定額補助 (D)エネマネ事業 エネマネ事業者と「エネルギー管理支援サービス」を契約し、EMS を用いて、より効果 的に省エネルギー化を図り、EMS の制御効果と省エネルギー診断等による運用改善効果 により、一定の省エネ要件を満たす場合に、当該設備導入に係る設計費・設備費・工事費 に対して、補助を行う。 〈補助率〉 中小企業等:1/2以内 大企業:1/3以内 〈補助限度額〉 未定 ※「大企業について」 大企業については省エネ法Sクラス事業者orベンチマーク目標達成に取り組む事業者などに限定。 (注)令和4年度事業においては、令和3年度提出の定期報告書を対象とする予定。 スリーベネフィッツでは省エネ補助金の申請支援を行っています。 省エネ補助金の件でご不明な点等ございましたら何なりとご連絡ください。 お問合せはコチラ

  • 省エネルギー改修実績【BEI値0.86(14%削減)】

    建物種類:介護老人保健施設(神奈川県厚木市) 内容:老朽化した設備の更新と省エネルギーを目的とした改修を実施(BEI値0.86)。 基本内容 空調用熱源設備の更新 給湯器の更新 照明設備のLED化 窓ガラスへの遮熱施工(遮熱フィルム施工) 補助金の取得 ●国交省の「既存建築物省エネ化推進事業」 ●一次エネルギー量での削減効果 エネルギーサービス契約 1.基本内容 a. 空調用熱源設備の更新 既存の吸収冷温水機を高効率モジュールチラーへ更新 b. 給湯器の更新 老朽化が進んでいる給湯器6台を最新の潜熱回収型給湯器に更新することで効率化 c. 照明設備のLED化 施設内の照明設備をLED照明に更新することで効率化 d. 窓ガラスへの遮熱施工(遮熱フィルム施工) 窓ガラスへ遮熱フィルムの施工 2.補助金の取得 国交省の「既存建築物省エネ化推進事業」を実施 ●一次エネルギー量での削減効果 「既存建築物省エネ化推進事業」の応募申請時の省エネルギー計算結果によるものです。 ※BELS計算とは異なる計算方法です(エネルギー実績値から算出しています)。 ※応募申請の条件は削減率15%以上です。 3.エネルギーサービス契約

全て表示

ページ(20)

  • 省エネ補助金申請代行 | スリーベネフィッツ株式会社 | 東京都

    ページ TOP 選ばれる理由 サポート内容 採択実績 代行費用 導入の流れ 令和3年度省エネ補助金 選ばれる理由 採択実績 代行費用 導入の流れ 資料請求・お問い合わせ 省エネ補助金申請代行 設備更新費の1/2~1/3補助が出ます 最新の補助金はコチラ 設備の更新に省エネ補助金を活用しませんか? こんなお悩みはありませんか? チェックボックス ​設備が老朽化しており光熱費の負担が大きい チェックボックス 最新設備に更新したいが予算がない チェックボックス どの補助金を選べばいいかわからない チェックボックス 補助金申請したいが​省エネ計算など専門的な知識がない チェックボックス 申請時に執行団体とのやりとりがうまくできるか不安 チェックボックス 不採択時に余計な申請代行費用を払いたくない 三角形 スリーベネフィッツが 事業選定から省エネ補助金申請まで フルサポートします! 三角形 選ばれる理由 ​ 理由 01 省エネ診断から申請 までフルサポート ​ 理由 02 実績多数 ​ 理由 03 選べる代行費用 メニュー 理由01.省エネ診断から申請までフルサポート ​更新前 ​更新後 省エネ診断 ​当社はただの書類作成代行業者ではありません。 省エネ診断機関(※) である当社が現行の設備システムの無駄を見直し、 利便性向上とランニングコスト削減が可能となるシステム選定を行います。 (※)当社の登録・認可 ・令和3年度 環境省 SHIFT事業計画算定支援機関 ・令和3年度 経産省 エネマネ事業者 ​・東京都地球温暖化ビジネス対策事業者 ・埼玉県省エネ診断事業者登録 ​補助金申請フルサポート 専門的な省エネ計算や応募申請書類の作成、執行団体とのやりとり、現地での確定検査立ち合いなど、補助金申請業務のすべてを当社にてフルサポート しますので 膨大な書類作成作業を削減できます。 ​理由02.実績多数(採択率94%) ​採択され易い補助金の選定​ 環境省・経産省・国交省など各省庁の様々な補助事業から例年の採択率などを考慮し、採択され易い補助金を選定 します。 採択実績 採択実績 2017年度 事業名 ​​環境省 未利用資源・コスト効率活用に向けた設備の高効率化改修事業 「設備の高効率化改修を行う事業」 業務用施設等における省CO2促進事業 既存建築物等の省CO2改修支援事業(中小規模老人福祉施設) ASSET事業(先進対策の効率的実施による二酸化炭素排出量大幅削減設備補助事業) 補助率 ​件数 3件 1件 ​1件 1/2 1/3 ​1/2 採択実績 2018年度 ​事業名 ​​環境省 設備の高効率化改修による省CO2促進事業 CO2削減ポテンシャル診断事業 低炭素機器導入事業 ​国交省 既存建築物省エネ化推進事業 補助率 ​件数 3件 1件 1件 ​1件 1/2 10/10 1/2 1/3 ​ 採択実績 2019年度 ​事業名 ​​経産省 電力需要の低減に資する設備投資支援事業費補助金 Ⅱ.設備単位 国交省 既存建築物省エネ化推進事業 ​環境省 地方公共団体カーボン・マネジメント強化事業 (第2号事業用) 設備の高効率化改修による省CO2促進事業 CO2削減ポテンシャル診断事業 補助率 ​件数 1件 2件 1件 3件 ​7件 1/3(設備費) 1/3 ​1/2 1/3 10/10 採択実績 2020年度 ​事業名 ​​環境省 低炭素機器導入事業 神奈川県 自家消費型太陽光発電等導入費補助金 補助率 ​件数 2件 ​ 1件 1/2 ​ 1/2 採択実績 2021年度 ​事業名 ​​環境省 工場・事業場における先導的な脱炭素化取組推進事業(SHIFT事業) ​設備更新補助事業 ​国交省 既存建築物省エネ化推進事業 ​​経産省 先進的省エネルギー投資促進支援罷業 (C)指定設備導入事業 ​​ 補助率 ​件数 1件 ​ ​ 2件 ​ ​ ​2件 1/3 ​ 1/3 ​ ​ ​定額 ​理由3.選べる代行費用メニュー 電球 完全成果報酬プラン 着手金0円。採択まで一切費用がかかりません。採択された場合に、取得補助額に対し一定割合の費用をいただきます。万が一補助金が採択されなかった場合は弊社への支払いはありませんので、ノーリスクで補助金チャレンジが可能です。 鉛筆 定額プラン 書類作成の業務に対して一定の費用を頂戴いたします。 採択された場合、成功報酬プランより総額料金を抑えることが可能です。 工事スタッフ 工事一括プラン 補助申請業務から工事まで一括で当社にご依頼いただくことで、申請費用が通常よりお得になります。 お問い合わせはこちら 紙飛行機 info@3benefits.jp ケータイ 03-6453-6905 導入の流れ 01 ​お問い合わせ まずは施設の概要や導入時期などをお電話又はメール 等で簡単にヒアリングさせていただきます。 気になることなどございましたらお気軽にご相談ください。 ​​TEL:03-6453-6905 (受付 月~金曜日 9:00~18:00 / 定休日 土・日・祝日) 02 ​ヒアリング・省エネ診断 施設にお伺いさせていただき、必要に応じてウォークスルー調査や省エネ診断を実施し該当する補助事業の有無、採択の可能性などを検討いたします。 ※省エネ診断の内容によっては該当する補助事業がない場合がございます。 03 ​お見積もり 3つのプランから補助金の申請代行料金をお見積り致します。 成果報酬プランの場合、想定補助取得額に応じた額でお見積り致します。 04 ​ご契約 ご契約締結後、補助金申請業務を進めさせていただきます。 05 ​補助金申請 補助事業の一般的なフローは以下の通りです。 1.応募申請 → 2.採択通知 → 3.交付申請 → 4.交付決定 → 5.中間検査 → 6.事業完了 → 7.完了実績報告 ​※成果報酬プランの場合は「7.完了実績報告」終了後に申請費用をご請求させていただきます。 06 アフター ​フォロー ​補助金を無事受領後も年に1回(1年~3年間)、補助金にて導入した設備の省エネ報告が必要になります。そこまでしっかりフォローさせていただきます。 ​令和3年度補正・令和4年度の省エネ補助金 ​経済産業省 【令和3年度補正予算】 ●省エネルギー投資促進支援事業費補助金 ​ ​​ →詳細 ​ ●産業・業務部門における高効率ヒートポンプ導入促進事業​ →詳細 【令和4年度】 ●先進的省エネルギー投資促進支援事業費補助金 ​(A)先進事業 (B)オーダーメイド型事業 (C)指定設備導入事業 (D)エネマネ事業 ​​ →詳細 環境省 【令和3年度補正予算】 ●グリーンリカバリーの実現に向けた中小企業等のCO2削減比例型設備導入支援事業 ​ →詳細 【令和4年度】 ●建築物等の脱炭素化・レジリエンス強化促進事業 新築建築物のZEB化支援事業 既存建築物のZEB化支援事業 既存建築物における省CO2改修支援事業 (1)民間建築物における省CO2改修支援事業 (2)テナントビルの省CO2改修支援事業 (3)空き家等のおける省CO2改修支援事業 ●工場・事業場における先導的な脱炭素化取組推進事業(SHIFT事業) 脱炭素化促進計画の策定支援 設備更新に対する補助 A.「脱炭素化促進計画」に基づく設備更新の補助 (補助上限1億円) B. i)~iii)を満たす「脱炭素化促進計画」に基づく設備更新の補助(補助上限5億円) ⅰ)ガス化または電化等の燃料転換 ⅱ)CO2排出量を4,000t-CO2/年以上削減 ​ ⅲ)システム系統でCO2排出量を30%削減 ​ ​ →詳細 ​国交省 【令和4年度】 ●既存建築物省エネ化推進 ​​​ →詳細 資料請求・お問い合わせはこちら お電話でのお問い合わせ 電話番号 03-6453-6905 スリーベネフィッツ株式会社 〒105-0014 東京都港区芝3-22-7 芝NKビル3階 アクセス:都営三田線 芝公園駅(A2出口)より徒歩1分 都営大江戸線赤羽橋駅(赤羽橋口)より徒歩10分/ JR田町駅より徒歩10分 / JR浜松町より徒歩10分 受付時間:平日 9:00~17:00

  • | スリーベネフィッツ株式会社 | 東京都

    トップページ ESCO事業 TEMS 省エネ補助金申請代行 ALCURE(アルキュア) 除菌剤 水中除菌 自家消費型太陽光発電事業 AIサーマルカメラ 補助金検索代行サービス 会社概要 NEWS お問い合わせ

全て表示